Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠判定結果。。。

昨日は、妊娠判定に行ってきました。まず結果を先にいいます。
結果は。。。


99パーセント陰性。(涙)

結果がでるまでどきどきでしたが、ナースによばれ、ナースの顔を見た瞬間だめだとおもいました。だっていつもはにこにこのナースも笑みひとつうかべてないんだもん。


尿検査はしてません。血液検査で陰性か陽性かをみました。
陽性の線がうーーーーーーーーーーーーーっすらみえるのですが、数値が低く妊娠はおそらくしてないようです。なにしろこんなにうすいのは経験上妊娠している可能性はいままでないとのこと。。。

クリニックのナースとしかはなしてないのですが、おそらく着床してすぐだめになったかというかんじとのことです。だからホルモン数値でうっすら現在もあらわれているのではといわれました。とくにドクターとはまだはなしていないので、次回、ドクターがホリデーからもどってきたらはなそうとおもいます。ほかのドクターでもいいのですが、やっぱり今まで担当してもらっているドクターのほうが私たちのことをわかってるとおもうし。。
99パーセント陰性というのは、いちよう念のため来週の月曜日に血液検査をしてみて数値をみてみるとのこと。はたして、、、99パーセントはだめってはっきりいわれましたが。。さて、1パーセントの奇跡はおきるのでしょうか。。。。期待はできません。なんども期待はしないようにといわれたし。。ごめんってなぜかナースはあやまってくるし。。。。。
だめならだめっとはっきりいってほしいなーーー1パーセントの奇跡を信じちゃうじぶんがまたでてくるでしょーーーーー。またこの1週間そんな不安定な自分がとおもうと胃がいたくなります。




話はかわって、妊娠判定日前に実は、フライング検査をしていました。
なぜフライングをしたかというと、

6/25の移植後、ET8日目の夜、茶色のおりものとちょっとだけ赤いおりものがまざったものが膣座薬の残りかすといっしょにでてきたのです。
っでこの時点で、ああーーー生理のはじまりだーっと今回はすっかりこの時点であきらめました。
2.3にち後も生理の赤い血がでなくて、黒茶っぽいおりもののみで、最初はなかなか真っ赤なちがでないなーっとおもっていたのですが、ちょっと不安になり、ネットで調べて見ました。

すると、でるはでるは、、妊娠初期症状で茶色のおりものがでた結果、切迫流産とか、よくない情報。。。。。。かなりへこみました。。。。。

っで翌日、だめもとでテストをしてみました。

真っ白?いや?ちょっとまってよーーーーよーーくみれば数分かかって線がでている。。。。。。
光のかげんかなぁっといっしょくけんめいみてみる。。。
やっぱりうーーーっすら線はいってるわーー。

やばい、、ネットにかいてあったなぁ。。こんなこと。。。そして、友達が生理がこなくて妊娠検査薬つかったらうーーすら反応。そして血液検査で妊娠してなくて初期流産していたこと。。。そんなことおもってもみなかった。ネットでみてはじめてしったことです。生理だとすっかりおもいこんでたので。。

頭がまっしろで、あるくことさえこわくなって、仕事にきたものの、バスで家まで直行したのです。(7/5)

とにかく安静とネットにかいてあったので安静にしていました。
夜もテストしてみたのです。。。ちょううっすら。。。でも絶対妊娠してたらいまごろは濃い色の線がでるはずだもん。やっぱりだめだったのかなっと半分あきらめ半分期待の状態の日をすごし7/7の判定日を迎えたわかなのです。

昨日は、家にかえってごろごろしたい気分でしたが、旦那に朝カフェの朝食につれていってもらい、元気がでて、旦那の「家にいたらまた自分をせめていやーないちにちになるよーー。それだったら仕事にいって気分をかえてみたら?」っていわれたことと、カフェで新聞をよんでいた旦那がこれをみろーっというので記事をみると、7年間不妊治療(IVF)をしていたカップルが、Menevit(男性用サプリメント 旦那も今年から飲んでいる)をのみだしたら妊娠したという記事が写真と一緒にでていたのです。私たち私たちになにかうったえてるのかなぁーーあきらめるなって。。希望は捨てられないっと実感させられました。前よりはちょこっとは進展した結果がでたんだし、次またがんばればもしかしたら妊娠するかもしれないし!!!よーーし元気がでてきたっとおもい、また仕事にはげんでるわけです。ばりばりはたらいてやる!!!!そんな勢いです!!


長くなってしまったので、またこんど、移植から判定までの体の変化についてまとめようとおもいまーーす。

いいニュースが報告できなくて残念です。。。(今回泣いてないですよーーー成長しました!!がまんです!!)
スポンサーサイト

移植終了

きのう、お迎えにいってきました。
前回は胚盤胞まで結局いかなくてそれを強引に移植したというかんじだったので、今回も不安で不安でたまりませんでした。

昼12時半にクリニックへいって1時から移植という予定。
培養士さんによばれて話をききました。
今回担当したのは女性の培養士さんで、私の胚の写真をみせてくれました。

「実は今回も胚盤胞までいってないの。1つは胚盤胞初期段階で残り2つは前回とおなじく胚盤胞前の状態。だからこの胚盤胞初期段階のものを今日移植して、残りの2つは明日胚盤胞までいってなかったら凍結はむりです。胚盤胞初期段階のは前とくらべるといい胚だよ」

微妙でした。。。。

またかというショックと、前よりはいいという期待。

移植が開始されました。また私は子宮にいれるだんかいでてこずってしまい40分もかかってしまいました。。。
なんとか終了。担当ドクターは、「大丈夫。前の胚よりよっぽどいいから!」っとなぐさめてくれました。


移植がおわってすぐ、鍼にいってきました。移植1日以内だと65パーセント確立がアップするときいたので。。。

今おなかのなかにいるたまごちゃんを信じて判定日までまってみます!!
判定日は7月7日の七夕の日で。願いがかないますよーーに。



PS移植日と同時にきのうは私の誕生日でした~~~~移植日に気がとられて誕生日どころじゃなかったですが。。。

Appendix

プロフィール

マカダミアナッツン

Author:マカダミアナッツン
●マカダミアナッツン→オーストラリア在住・2005年5月結婚・多嚢胞性卵巣症と判断される。
●マカダミアナッツンの旦那様→オーストラリア人・精子無力症/精子奇形症と判断される。(2008年9月 精索静脈瘤が男性不妊の原因と判断 手術終了)


◎現在顕微授精にむけて精神的・金銭的な面で戦い中◎
★おおまかな記録と今後のスケジュール↓↓★
・2006年から2007 10月頃までタイミング方で妊娠トライする
・2007年 11月頃 夫:精子無力症/精子奇形症 私:多嚢胞性卵巣症と判断される
【2008年】 ★初顕微授精★
・3月17日 15個の採卵
・3月18日 15中5個の受精卵確認
・3月22日 5個とも胚盤胞までいかず(スピード低下)胚盤胞直前のものを移植
・3月25日 移植以外の4個は結局胚盤胞までいけず凍結も不可と連絡あり
・3月31日 4月03日判定日前に生理になってしまいリセット
・4月07日 婦人科先生と今回だめだったICSIの話と今後のことについて話をする。

★2回目顕微授精★
5/11 生理 ピル開始
5/30 鍼治療開始(週3回)
6/20 採卵日 6個採卵
6/21 3個受精確認
6/25 初期胚盤胞移植(胚盤胞まではいってない) 残り2つは胚盤胞前の状態で凍結できるかは連絡ある予定
6/26 残り2つは結果胚盤胞までいかず凍結できず
7/7  判定日→うっすら陽性反応がでるものの、数値がひくすぎるとのことでほぼ陰性確定(化学流産)
7/9 夜少々の血
7/10 リセット
7/31 ドクターと今回のICSIについてと今後について話し合う
8/7  3回目の顕微授精が開始できるか超音波検査→正常 次回生理よりピル開始予定

★3回目の顕微授精→中止(2009年に変更)★
8/19 生理開始 ピル開始
8/28 ドクターとスケジュールについて面談(10月3日採卵予定)

9/3 男性不妊に詳しいドクターに会う→精索静脈瘤と診断される、3回目の顕微授精は手術が必要なため来年へ延期
9/10 生理開始
10/6 精索静脈瘤の手術

【2009年】3回目の顕微授精
6月 採卵→6個採卵、5個受精
7月 一つ移植→×
8月 一つ移植(二個解凍して一個のみ分裂)→HCG28でるが陰性

11月 一つ移植→×

着床障害の可能性ありと判断され子宮内膜症の手術をしたほうがよいと指導受ける

12月 治療おやすみ期間中奇跡の自然妊娠発覚

最近の記事

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。