Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目顕微授精失敗後のドクターとの面談

夫婦そろっていってきました。ドクターのところへ

久しぶりのドクターの顔で、ちょっぴり緊張してしまいました。(ドクターはホリデーからかえってきたばかり)以下質問したことと回答です。




《私がした質問↓》

①今回判定結果がうっすら妊娠反応あったとのことだが、着床はしたのか?判定日前の数日間ずっと黒色のおりものが続いていた。
A.おそらく着床後すぐだめになってしまったと思われます。(判定日にでたhcg数値は25、判定日から1週間後のhcgは4) 黒色のおりものは流れてしまったときにでることがあるので今回その可能性が高い。

②前回同様なぜ私の場合は胚盤胞までいかないのか(今回は初期胚盤胞移植し完璧な胚盤胞ではない)
 A.精子の状態が悪いということが胚盤胞までいかない理由のもっともおおきな原因。

③2の質問に加えて、私はPCOで、よくネットにPCO患者は卵の質が悪いときくはそれも原因ではないか?
 A.それも胚盤胞までいかない理由になるが、多くは精子の状態が大きくさようされる。

④前回は15個採卵できたのに今回は6個しか取れなかった。問題あるか?最初のときとFSH注射の量が同じだが体重が3.4キロ太ったのに同じだった。関係あるか?
 A.それぞれ毎回からだのサイクルはちがってくるので、前回多くても今回少ないことはありえる。同じ量の薬(注射)をしても、毎回卵の数は違う。 数があまり多すぎるときはあまり卵の質がよくないことがある。多いからいいということでもない。注射の量は同じで大丈夫。

⑤平均でどれくらいのIVFサイクルで妊娠されているか?
 
A.2年半の統計からいくと、あなたの年齢の人は1回、2回のIVFで妊娠している。今まで私がやったなかで最高が4回のサイクル。でもその4回という方は40歳の女性

⑥旦那の精子の運動率をもう一度おしえてください
 A.データが培養士からとどいていなく、現在その培養士が海外にいっているため次回いうとのこと

⑦次回のIVFは次回の生理からでよいのか?間をあけたほうがいいのか?
  A.8月7日に再度診察しにきていただき、子宮、卵巣の状態が正常であれば再開可能。通常2周期あけて可能。

《旦那した質問↓》

①今回のIVFでサプリメントもとったし、ビールもしばらくやめたしタバコもすわなくなった。精子の状態が同じようであれば、今後どうすればいいのか?
 A.担当の培養士がもどってきたら今回の精子の状態についてきいてみる。ストレスを感じるのは十分わかるが、今はとりあえず、現状況を継続するのみ(ビール禁止、禁煙、Menevitサプリメント)

②もう、同じような結果にはなりたくない。4.5.6.7・・・・・とIVFをすることになり結果は変わらずおなじだった場合やる意味がないのではないか?ほかになにか方法はないのか?
現状今日生活もくるしくなるし、僕は採精だけでいいが、彼女の場合注射やらと採卵と、とても体に負担がかかるのであまり同じことはくりかえしたくない。次の段階での治療は何かほかにあるのか?残された選択はあるのか?

 A.気持ちはとてもわかります。私があなたたちの立場だったら同じことを言っているはず。とりあえず、ほんと何度か試してくださいということしかできない。私の患者ではなく知り合いのドクターの患者で28歳からIVFをはじめて(教師のためIVFサイクルは毎回ホリデー中に実施していたとのこと)何回もIVFをしたのに妊娠しなかったが、40歳になってIVFで妊娠したと聞いた。だから年齢とかも大事といわれるがそういった話もきくので、何度かあきらめずに試してとしかいえない。
次の手段は、精子の状態が悪いということが一番の原因だとおもうのでドナー精子を使うか、友人、家族の方で提供してくれる方の精子を使って受精させてどうかになってくるが、まだドナーとかは考えないで、前向きに顕微授精をためしてほしい。
2000ドル、3000ドルは確かに安い金額とはいえなくて仕事と治療との両立でストレスを感じられていることはほんと十分わかります。



っというかんじです。いろいろはなしたんだけど、英語だといまいち理解しぬくいことがある。。。ああーー日本語だったらどんだけ楽か、、、英語での治療もストレスの原因だなぁ。

でも今日はドクターと話せてよかった。
うちの旦那はいつも以上にちょっと落ち込み気味で、ドクターに弱音?をはいてしまっていた。ああ。。でも旦那の質問2で私の体の心配をしてくれたことがうれしくてちょっぴり涙がでそうになってしまいました。その言葉が愛を感じたのです(おのろけじゃーないですよ!)でもね、不妊治療しているからこそ、夫婦の愛はかたくなっているとつくづくおもうんです。難関にぶち当たってこそお互いの愛をかんじあえるというか、、、いい意味でとらえると不妊治療をしていなかったらそういった感情をえられてなかっただろうと思います。


そして次回の生理がくる前に再度診察にいきます。8/7です。それでOKサインがでれば次回の生理から3回目のIVFに突入しようとおもいます。もう明日から8月ダーーーわーーー月日が経つのがはやい!!!!!!!不妊治療してるから!?

それではまた結果報告します!!




スポンサーサイト

ブログの名前変更 & メディケアからお金がもどってきた

ご無沙汰してます!
なんとなくブログの名前をかえてみたくなったので変えてみました~
「我が子をだっこできるかなぁ~」もいいんだけどちょい弱気?ってかんじたり、ぱっとみよくわかんないので、「♪夫婦仲良く不妊治療(顕微授精) in オーストラリア♪」にしてみましたーー3回目の顕微授精を迎える前にちょっとした気分転換ってとこですぅ。。。

さて最近はめっきり治療お休みモード中ですが、今週の木曜日にドクターにあってきます!おそらく今回の結果についてと次回の顕微授精のことについてはなすとおもいます!!!
いろいろききたいことまとめとかなきゃ!!

そういえばメディケア(日本で言う国民保険)からお金もどってきましたーーー。前回の顕微授精のメディケアの話し→メディケアからお金もどってきました

今回支払った顕微授精料金、約6825.10ドル(約682,510円)+採卵時に病院に支払った1175ドル(約117,500円)+採卵時の麻酔184ドル(18400円)の合計約8184.10ドル(約818410円)でカバーされてもどってきたのは5952ドル(約595200円) 採卵時の費用1175ドルと麻酔費用175ドルはカバーされませんでした。

よって実費は2232.10ドル(約223210円) ななななんと前回の顕微授精より555.50ドル(55000円)くらいカバーされてる!!!なぜだ???2回目以降の顕微授精はやすくなるのかなぁ?それともシステムがかわったのかなぁ?
それをききたいところだったけど聞いてもちまちがえだったってことだったらやだからここは何も言わずかえりました。メディケアありがとう!!!

でもねーー鍼やらサプリメントやら入れると実費はもうちょっとかかってるんだけどねーーー
でも555ドル前回より多くかえってきたからほんとうれしいーーー。これすごく大きいもん!!

次回もがんばります!!!めげないぞーーーー。

リセット

1パーセントの奇跡をしんじたものの、昨日から本格的に生理がはじまっちゃいました。。。結構生理痛あります。そして大量ですーーー 
そういえば生理前日もやはり妊娠判定でチェックしてみたんですが、最初は白で徐々にうっすら陽性ラインがみえてました。 まだ体の中のホルモン値が微量にのこっているのかなぁ。。。

まあ。きてしまったものはしかたがない!次の顕微授精にむけて対策をねらなければーーー
ドクターの予約をしておこう!!!ドクターいつかえってくるのかんぁーーホリデーから。。。
はやくかえってきてーーー。いろいろ聞きたいことをまとめておく予定です!!


そんなわけでしばらくは次回の3回目の顕微授精に向けてお休み期間中にはいりまーーす。




ET 1日目~今日までの体の変化

今日の日記で妊娠はほぼ99パーセントしてないことをはなしたのですが、(妊娠判定結果)私もおそらく着床はしたのではないかとおもうんです。前回はまったくかんじなかったからだの変化があったから。
ちょっと忘れないうちにまとめてみようとおもいます。(一日2回更新しちゃった)

ちなみに、陽性がちょううっすらの場合は子宮外妊娠も考えられるそうです。
月曜日の血液検査までにおなかの激痛を感じたら即病院といわれました。(さっきの日記で書くのわすれてました)

以下体調の変化です!!


●ET 1日目・・・・36.73 夜、下腹部がちくちく痛む
●ET 2日目・・・・36.81 下腹部ちくちく痛む/胸の張り
●ET 3日目・・・・36.48 便秘に気づく/下腹部ちくちく、たまにズキっとする/胸の張り
●ET 4日目・・・・36.81 胸の張り
●ET 5日目・・・・36.73 足首からふくらはぎまでが無性にいたくていたくて寝れない/胸の張り
●ET 6日目・・・・36.67 足首からふくらはぎまでが無性にいたくていたくて寝れない/胸の張りが急になくなる
●ET 7日目・・・・36.74生理になりそうな感じ
●ET 8日目・・・・36.59夕方生理にもうなるというかんじ(腰痛、下腹部痛い)、夜茶色とほんのちょっぴるだけ赤が混じったおりものが膣座薬のカスと一緒にでてくる(生理になったと確信)
●ET 9日目・・・・36.66黒茶っぽいおりもの
●ET 10日目・・・・36.54 黒茶っぽいおりもの(少量)
●ET 11日目・・・・36.66黒茶っぽいおりもの(少量)、夜おかしいと思いネット検索し悪い情報を得る(前回の日記に記載)
●ET 12日目・・・・36.71 黒茶っぽいおりもの(少量)/朝妊娠検査薬でテストしてみる→数分かかってうっすら陽性(夜もかなりうっすら)
●ET 13日目・・・・36.83 妊娠判定日→うっすら陽性だが99パーセント妊娠はしてないとのこと。数値が低すぎる/黒茶っぽいおりものストップ・/胃の辺りと左の卵巣あたりが痛い
●ET 14日目・・・・36.58 夕方から頭痛


こんなかんじです。
前回はなかった症状でした。胸のはりがなくなった時点であきらめぎみでした。。。

2回顕微授精して思ったことは、私の問題はおそらく胚盤胞まで完全にいかない状態の移植だからうまくいかないんだとおもうんです。。今回の胚は前回よりは胚盤胞にちかづいた状態のもので一度は着床したはず。だったら胚盤胞だったら絶対妊娠してと順調にいけるのではないかと自己解析してます。それさえクリアできればうまくいくのかなぁ。。。。そんなにあまくないかぁ。。。こんどはそこをクリアしたらまたちがった壁とぶちあたるのかなぁ。。。不安。。。
次回の対策をねらなきゃぁ~~~どうしたら胚盤胞までいってくれるのだろう。。。。。
なにかいい方法はないのかなぁ。。。。

でもでも、気をとりなおして次回のためにまた一からでなおしてきまーーーす!!!







 


妊娠判定結果。。。

昨日は、妊娠判定に行ってきました。まず結果を先にいいます。
結果は。。。


99パーセント陰性。(涙)

結果がでるまでどきどきでしたが、ナースによばれ、ナースの顔を見た瞬間だめだとおもいました。だっていつもはにこにこのナースも笑みひとつうかべてないんだもん。


尿検査はしてません。血液検査で陰性か陽性かをみました。
陽性の線がうーーーーーーーーーーーーーっすらみえるのですが、数値が低く妊娠はおそらくしてないようです。なにしろこんなにうすいのは経験上妊娠している可能性はいままでないとのこと。。。

クリニックのナースとしかはなしてないのですが、おそらく着床してすぐだめになったかというかんじとのことです。だからホルモン数値でうっすら現在もあらわれているのではといわれました。とくにドクターとはまだはなしていないので、次回、ドクターがホリデーからもどってきたらはなそうとおもいます。ほかのドクターでもいいのですが、やっぱり今まで担当してもらっているドクターのほうが私たちのことをわかってるとおもうし。。
99パーセント陰性というのは、いちよう念のため来週の月曜日に血液検査をしてみて数値をみてみるとのこと。はたして、、、99パーセントはだめってはっきりいわれましたが。。さて、1パーセントの奇跡はおきるのでしょうか。。。。期待はできません。なんども期待はしないようにといわれたし。。ごめんってなぜかナースはあやまってくるし。。。。。
だめならだめっとはっきりいってほしいなーーー1パーセントの奇跡を信じちゃうじぶんがまたでてくるでしょーーーーー。またこの1週間そんな不安定な自分がとおもうと胃がいたくなります。




話はかわって、妊娠判定日前に実は、フライング検査をしていました。
なぜフライングをしたかというと、

6/25の移植後、ET8日目の夜、茶色のおりものとちょっとだけ赤いおりものがまざったものが膣座薬の残りかすといっしょにでてきたのです。
っでこの時点で、ああーーー生理のはじまりだーっと今回はすっかりこの時点であきらめました。
2.3にち後も生理の赤い血がでなくて、黒茶っぽいおりもののみで、最初はなかなか真っ赤なちがでないなーっとおもっていたのですが、ちょっと不安になり、ネットで調べて見ました。

すると、でるはでるは、、妊娠初期症状で茶色のおりものがでた結果、切迫流産とか、よくない情報。。。。。。かなりへこみました。。。。。

っで翌日、だめもとでテストをしてみました。

真っ白?いや?ちょっとまってよーーーーよーーくみれば数分かかって線がでている。。。。。。
光のかげんかなぁっといっしょくけんめいみてみる。。。
やっぱりうーーーっすら線はいってるわーー。

やばい、、ネットにかいてあったなぁ。。こんなこと。。。そして、友達が生理がこなくて妊娠検査薬つかったらうーーすら反応。そして血液検査で妊娠してなくて初期流産していたこと。。。そんなことおもってもみなかった。ネットでみてはじめてしったことです。生理だとすっかりおもいこんでたので。。

頭がまっしろで、あるくことさえこわくなって、仕事にきたものの、バスで家まで直行したのです。(7/5)

とにかく安静とネットにかいてあったので安静にしていました。
夜もテストしてみたのです。。。ちょううっすら。。。でも絶対妊娠してたらいまごろは濃い色の線がでるはずだもん。やっぱりだめだったのかなっと半分あきらめ半分期待の状態の日をすごし7/7の判定日を迎えたわかなのです。

昨日は、家にかえってごろごろしたい気分でしたが、旦那に朝カフェの朝食につれていってもらい、元気がでて、旦那の「家にいたらまた自分をせめていやーないちにちになるよーー。それだったら仕事にいって気分をかえてみたら?」っていわれたことと、カフェで新聞をよんでいた旦那がこれをみろーっというので記事をみると、7年間不妊治療(IVF)をしていたカップルが、Menevit(男性用サプリメント 旦那も今年から飲んでいる)をのみだしたら妊娠したという記事が写真と一緒にでていたのです。私たち私たちになにかうったえてるのかなぁーーあきらめるなって。。希望は捨てられないっと実感させられました。前よりはちょこっとは進展した結果がでたんだし、次またがんばればもしかしたら妊娠するかもしれないし!!!よーーし元気がでてきたっとおもい、また仕事にはげんでるわけです。ばりばりはたらいてやる!!!!そんな勢いです!!


長くなってしまったので、またこんど、移植から判定までの体の変化についてまとめようとおもいまーーす。

いいニュースが報告できなくて残念です。。。(今回泣いてないですよーーー成長しました!!がまんです!!)

Appendix

プロフィール

マカダミアナッツン

Author:マカダミアナッツン
●マカダミアナッツン→オーストラリア在住・2005年5月結婚・多嚢胞性卵巣症と判断される。
●マカダミアナッツンの旦那様→オーストラリア人・精子無力症/精子奇形症と判断される。(2008年9月 精索静脈瘤が男性不妊の原因と判断 手術終了)


◎現在顕微授精にむけて精神的・金銭的な面で戦い中◎
★おおまかな記録と今後のスケジュール↓↓★
・2006年から2007 10月頃までタイミング方で妊娠トライする
・2007年 11月頃 夫:精子無力症/精子奇形症 私:多嚢胞性卵巣症と判断される
【2008年】 ★初顕微授精★
・3月17日 15個の採卵
・3月18日 15中5個の受精卵確認
・3月22日 5個とも胚盤胞までいかず(スピード低下)胚盤胞直前のものを移植
・3月25日 移植以外の4個は結局胚盤胞までいけず凍結も不可と連絡あり
・3月31日 4月03日判定日前に生理になってしまいリセット
・4月07日 婦人科先生と今回だめだったICSIの話と今後のことについて話をする。

★2回目顕微授精★
5/11 生理 ピル開始
5/30 鍼治療開始(週3回)
6/20 採卵日 6個採卵
6/21 3個受精確認
6/25 初期胚盤胞移植(胚盤胞まではいってない) 残り2つは胚盤胞前の状態で凍結できるかは連絡ある予定
6/26 残り2つは結果胚盤胞までいかず凍結できず
7/7  判定日→うっすら陽性反応がでるものの、数値がひくすぎるとのことでほぼ陰性確定(化学流産)
7/9 夜少々の血
7/10 リセット
7/31 ドクターと今回のICSIについてと今後について話し合う
8/7  3回目の顕微授精が開始できるか超音波検査→正常 次回生理よりピル開始予定

★3回目の顕微授精→中止(2009年に変更)★
8/19 生理開始 ピル開始
8/28 ドクターとスケジュールについて面談(10月3日採卵予定)

9/3 男性不妊に詳しいドクターに会う→精索静脈瘤と診断される、3回目の顕微授精は手術が必要なため来年へ延期
9/10 生理開始
10/6 精索静脈瘤の手術

【2009年】3回目の顕微授精
6月 採卵→6個採卵、5個受精
7月 一つ移植→×
8月 一つ移植(二個解凍して一個のみ分裂)→HCG28でるが陰性

11月 一つ移植→×

着床障害の可能性ありと判断され子宮内膜症の手術をしたほうがよいと指導受ける

12月 治療おやすみ期間中奇跡の自然妊娠発覚

最近の記事

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。